目の奥にある、脳を養っている太い血管の内頚動脈が、なんらかの原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)で拡張して、周りの神経が腫れて痛む為、群発頭痛(今までに感じたことのないような痛みであるのなら、病院で精密検査を受けた方がいいでしょう)が起こると考えられているんですね。しかし、拡張する原因は、今の所ハッキリとはわかっていないのです。この群発頭痛(安易に頭痛薬に頼りすぎるのはよくありません。生活習慣や体の歪みなどを改善することで起こらなくなる場合もあります)は、偏頭痛(片頭痛とも表記します)と違う点があるはずです。偏頭痛(人によって症状や頻度が畭なり、女性に多くみられる傾向があります)は頭痛(今までに感じたことのないような痛みであるのなら、病院で精密検査を受けた方がいいでしょう)が起こるのが主な症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)とはいえ、群発頭痛(安易に頭痛薬に頼りすぎるのはよくありません。生活習慣や体の歪みなどを改善することで起こらなくなる場合もあります)は目の結膜が充血したり、涙が出たり、瞳孔(健康の人の場合には、左右の眼の瞳孔の大きさはほぼ同じになります)が小さくなったり、顔が赤くなったり、鼻水(水分が抜けると鼻くそと呼ねれます)が出たりと言った症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)も伴いることでしょう。偏頭痛も群発頭痛(誰でも一度くらいは経験するものですが、その原因は様々で時には深刻な病気の症状であることもあります)も、脈拍に一致した痛みが起こる血管性頭痛です。腫れて痛む原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)が判らないので、事前に防ぐと言うのも難しいでしょうが、目に疲労感を溜めないのが一番の予防法だと言えます。また、ニトログリセリンやアルコール(単にアルコールという場合、お酒を指すことがほとんどでしょう)の摂取で、群発頭痛(外傷以外の原因で頭部に痛みを感じる症状をいいます)を起こす可能性もあるのです。この場合も、先程の説明と同じく、内頚動脈がなんらかの原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)で拡張して、周りの神経が腫れる為に頭痛(今までに感じたことのないような痛みであるのなら、病院で精密検査を受けた方がいいでしょう)が起こるになるんです。こちらもまた、拡張する原因としては分かっていません。ですので、群発頭痛(外傷以外の原因で頭部に痛みを感じる症状をいいます)の症状が出ている間は、アルコール(最近のお酒はジュースみたいな缶で売られていることもあり、子供が誤飲する事故も起こっています)の摂取を控えて下さい。群発頭痛(外傷以外の原因で頭部に痛みを感じる症状をいいます)は長くて二ヶ月続くので、お酒好きな方にとっては2ヶ月禁酒するというのは、非常につらいなのです。でも、群発頭痛(誰でも一度くらいは経験するものですが、その原因は様々で時には深刻な病気の症状であることもあります)と言うものは、転げ回る程の痛みを伴うと言われているので、お酒を我慢する方が無難といえますね。群発頭痛(誰でも一度くらいは経験するものですが、その原因は様々で時には深刻な病気の症状であることもあります)はたいへん辛いですが、ある一定の期間が過ぎれば、何事もなかったかのようによくなります。ですから、しばしの辛抱が重要ですー